FC2ブログ

「キラメキ2019」得する先行オーディション、12月12日締切です。

0001 (2) 
全然来なかったらどうしようと思っていた先行オーディションですが、そこそこ応募してもらえてるようでほっと胸を撫で下ろしておりますこのプロジェクトの言い出しっぺのオカモトです。

来年2019年のキラメキの先行オーディションそろそろ締め切りです!

オーディションはワークショップ形式ですので試しに受けてみる的な感じでも全然大丈夫です。割と動いてもらうので汗拭き用のタオルなど持参しておいてもらわないと帰りに風邪ひくと思いますので各自よろしくです。

応募要項はこちら⇒https://manatsunotaiyo-girls.com/audition2019/

オーディション日時・会場は下記になります。
2018年12月16日(日)昼夜、17日(月)夜 大阪市内
※【16日 昼または夜】【17日 夜】の3区分のうち
どこに来ていただくかは、ご記入の連絡先メール宛に後日ご連絡致します。

なんで今回から急に今までやってなかった先行オーディションをするかと言いますと、
下記は今年2018のオーディションお知らせ用の映像ですが


徐々にとはいえたった三ヶ月でこの映像のようなパフォーマンスを出来るようになってもらうには、それなりの肉体的な素地が必要です。これに加えてダンスもあります。

発声と体作りだけでも始めておければと思い、4月まで先行して月一回ほどのワークショップを行おうと思ってます。

また、すでに演劇を始めている応募対象の若者は4月にオーディションだと既に夏秋の公演が決まっている事も多く稽古がぶつかり挑戦出来ないということも多々あるようです。

2年やってそういう事もあるかという発見からの先行オーディション。

我々主催者側の本音も言っておきますと、どうしても夏のイベントなので冬~春にかけて話題がない、何か宣伝しようにも次の出演者が誰も決まっていない、というプロジェクトの特性上どうしても陥る事態をなんとかしたい!という思惑もあります。
そうです。
ということは、このオーディションに受かった者はもれなく、少なくとも4月までは「真夏の太陽ガールズ2019の顔!」になれるのです。

どうです?得でしょう?

12月12日まで応募お待ちしております。ただ、今からだとオーディション日時の区分は3区分のうちどこでもとはいかないと思いますのでそれはご了承下さい。

受けた方が良さげな女子を知っている方、我こそはと思う女子、よき出会いをお待ちしております。
スポンサーサイト

「コメディエンヌNO.1」で一緒だった須藤公一と場末のスナックにて

653.jpg
わざわざ大阪まで来てくれまして。
新喜劇観に来てたウルトラシリーズの脚本家の林壮太郎さんも一緒に連れてきてくれまして、ウルトラ怪獣好きとしてはウハウハな夜でしたよ。「オーブ観てました!」なんつって。
ちなみにこの写真の場所は鍋つついた後、うろうろ歩き回って探した須藤氏ご所望の「場末のスナック」。僕らが来て帰るまで他に誰も客がいなかったのでそう呼んでもいいでしょう。噛めば噛むほど味の出るスルメっぽいおばちゃんが一人で切り盛りしてました。
この後、お店のテレビでおばちゃんと一緒にナイトスクープを観ましたとさ。

キラメキ2019、出演者先行募集そろそろ締め切りです!!

0001 (2)
来年の夏のスケジュールを今決めろと言ってもなかなか難しいでしょうが、早く決断したぶん色々と得をするかも知れませんよ。
何かと言えば、HEP HALLにて毎年行われる女子鍛え祭りもとい!project真夏の太陽ガールズの出演者先行募集がまさに今行われているのです!
本格的に冬の気配がしてきたこの時期に果たして水着になる芝居に出る気が起こるかどうかはよくわかりませんが
対象年齢の女子がお知り合いにいる方!
今がチャンスだと背中を押してあげてください。
とても得すると思います。

応募条件

○15歳~25歳の健康な女子。

○演劇経験不問(責任を持って基礎から指導します)

○パフォーマンスのために筋肉をつけることをいとわない者。

○2019年5月からの大阪市内での稽古に参加できる方。

※未成年者は保護者の方の確認をお願いします。

応募はこちらを参考に↓
https://manatsunotaiyo-girls.com/audition2019/

ちなみに、2019年は公演日が例年より一週早い2019年8月21日(水)~25日(日)です。
ですので、来年の真夏の太陽ガールズの稽古スケジュールはおよそ次の通り

5月 週1~2回の体作りとパフォーマンス訓練。
6月 パフォーマンスと並行し中旬までに役を決めるための芝居稽古開始。
7月 中旬までパフォーマンス芝居ダンス含め週3~4回。本番一ヶ月前から、ほぼ毎日に。
8月 昼夜でAチームBチームに分かれそれぞれ3時間半ずつの稽古。

ざっくりですが、こんな感じかなと。稽古場所は大阪市内です。

繰り返しますが、この先行募集に応募するととても得します。

締切は12月12日(水)23時59分です。

ちゃんといつも通り春のオーディションもありますが、今回のに応募するほうが僕としてはおすすめです。

「コメディエンヌNO.1」終了しました!

小屋入り後_181126_0119ようやく大阪に帰ってきました。
そして、「コメディエンヌNO.1」無事終了しました!
写真はAチーム集合写真です。今回はABダブルキャストありでダンサー含めると総勢34人出演という大所帯でした。
色々ありましたがみんな頑張ってくれました。
ちなみにカラフルな舞台衣装の中、真ん中にいるTシャツ着たおじさんが僕です。
またお会いしましょう!

拙作「コメディエンヌNO.1」、15年ぶりに演出します!

comediennu.jpgこの20日から東京で稽古してまして、今日で一週間が過ぎました。
大変ではありますが、なかなか楽しいです。
実はこの作品、僕以外の演出家による再演ではダンス抜きばかりでした。
15年前の僕の演出の初演バージョンは「インチキミュージカル」と銘打ってのダンスシーンがかなりがっつりと取り入れられたものでした。それも役者が適当に踊るのではなく、本職のダンサー&振付師との本気コラボです。

今回は僕が演出で呼ばれまして、我儘言ってちゃんと初演の志を持ってやれることになりました!
「インチキミュージカル」としての初の作品の復活です。

僕もホン書きですから、確かに「台本が面白い」と言ってもらえるのは嬉しいです。しかし、僕が演劇で本当に表現したいのは決してストーリーやセリフではなく、板の上にいる演者すべての人を信じる心=チームワークなのです。

というわけでこの作品には絶対にダンスがあった方がいい!ジャンルを超えて信じ合える様として!

ドタバタなバックステージものですが、僕の、みんなの、舞台への恥ずかしいくらいの愛がつまった作品です。

一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです。

以下、公演情報。


サンダイステージ企画
「コメディエンヌNo.1」
作・演出: オカモト國ヒコ

公演スケジュール
2018年11月21日 (水) ~2018年11月25日 (日)
11月21日(水)15:00(A)19:00(B)
11月22日(木)15:00(B)19:00(A)
11月23日(金)15:00(A)19:00(B)
11月24日(土)15:00(B)19:00(A)
11月25日(日)11:00(A)15:00(B)

チケット 前売:5,800円
当日:6,300円
(全席指定・税込)

<カンフェティ席(会員限定特別割引席)設置公演>
全席指定(前売):5,800円
800円割引!5,800円 → カンフェティ席(前売):5,000円!
(税込)
会場 シアターグリーン BIG TREE THEATER

プロフィール

オカモト國ヒコ

Author:オカモト國ヒコ
劇作家・演出家・脚本家
「テノヒラサイズの人生大車輪」(作・演出)第22回池袋演劇祭優秀賞。
FMシアター「薔薇のある家」で平成22年度文化庁芸術祭優秀賞、第48回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
「橋爪功一人芝居 おとこのはなし」第50回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
関西TV「誰も知らないJ学園」「新ミナミの帝王~裏切りの実印」
NHK-BSプレミアム「高橋留美子劇場」「猿飛三世」(5、6話)
Eテレ「昔話法廷 第2シーズン」

検索フォーム