FC2ブログ
スポンサーサイト

まだ冬なのに…真夏の太陽ガールズ2019、早くも始動!

116 ワークショップ_190119_0003

年末の先行オーディション合格者対象のキラメキワークショップがいよいよ始まりました!

まだ始まったところなので確約できませんが、春のオーディションの前には一般参加も出来るようにしようと思ってます。

しかし、中川浩三とも話しましたが、冬にこの作品に取り組むってなんか不思議な感じです。

116 ワークショップ_190119_0007

ランニングがてらの野外練習も真っ暗だという事実。。。

同じ時間でも夏場はあんなに暑く明るかったのに。。。

ま、1月なんで当たり前ですけども。

S__9216006.jpg

ワークショップは週1回で、中川浩三だけでなく、ダンス指導の斉藤千秋と僕もそれぞれ担当し、三人で交代でやっていく感じです。

ちなみに合格者対象によるワークショップと言いつつ、実は「鍛えてくれれば春には合格」みたいな後一歩といった者や「保証はできないが根性見せてみろ」といったグラデーションのある参加者でやっております。

ですので、この写真に写ってる子たちの中でも、実際に舞台に立てる子と立てない子が発生するかも知れません。。。

もちろん指導する我々は舞台に立たせる気まんまんで指導します。しかし、春にもオーディションがありますので、そこで新規応募者に絶対負けない実力をつけておく、という試練があるのだと思ってもらえれば。
(ちなみに写真撮影は上記を説明した上で、同意してもらってます)

S__9216008.jpg

ともかく、大阪の片隅でじわじわっと熱い夏が始まっております。

次は2月の芸術創造館!近藤芳正がマクベス夫人を演じる大阪御ゑん祭「夫人マクベス」!!

20181205-ogoensai_1902.jpg
チラシ表だけだとややなんのことやら分からないチラシですけども、
企画の中心である近藤芳正さんがマクベス夫人を演じ、各劇団が「マクベス」の起承転結を好き勝手にアレンジして最後までやってみようというお祭り企画です。
「きれいは汚い、汚いはきれい」という三人の魔女の超有名なセリフを拡大解釈して、どんどん世界は変わっていくけど夫人を駆り立てる野望の心は変わらないというようなイメージでの連作オムニバス。とはいえ、なんとか最後、全部つないがったらいいななんてと思ってますがどうなりますやら。

僕は総合演出と、テノヒラサイズの作・演出、表には書かれてないですが起承転結の「結」である芸術創造館のプロデュース団体GPPの作・演出も担当してます。

また、テノヒラサイズの枠で、真夏の太陽ガールズOGより
喜多村夏実 古場町茉美 西村こころ
の三人が出演します。

以下、公演情報。

大阪御ゑん祭「夫人マクベス」←詳細はこちらで
■芸術創造館 
■日時:2019年2月21日(木)~27日(水) 全8ステージ
2月21日(木)19:30
2月22日(金)19:30
2月23日(土)13:00/18:00
2月24日(日)13:00
2月25日(月)19:30
2月26日(火)19:30
2月27日(水)14:00
※開場時間:開演の30分前 ※受付開始時間:開演の45分前

■料金:(全席自由・日時指定)
【前売】3,800円 【当日】4,300円
                                             
◎チケット発売日 2018年12月22日(土)10:00
■チケット取扱い:
CoRich(振込/当日精算)
・ぴあ
 Pコード:491-005
 電話:0570-02-9999
演劇パス(事前精算・クレジットカード決済)

■お問合せ:
MAIL osaka.goenfes@gmail.com
TWITTER @Osaka_goenfes

まだ発表されてないですが、結構豪華な日替わりゲストも来てくれるようです。そのへんも含めまして、是非是非、よろしくお願いします。

真夏の太陽ガールズ2019先行オーディション終了!!と、その合間に行われた真夏の太陽ガールズ第一期二期忘年会!!

キラメキ忘年会_181218_0002真夏の太陽ガールズ2019に向けての先行オーディション、思ったより多くの応募者が集まってくれました。作品の紹介、オーディションの周知に協力してくださった皆様、本当にありがとうございました!!予断は許しませんが、なかなか良い出会いがあったのではないかとささやかな手応えを感じております。

で、上の写真はそのオーディションの合間に行われた真夏の太陽ガールズ2017~2018の有志による忘年会の様子です。

本来こっちよりオーディション風景の写真をアップすべきなんですが、まだ合否の通知もしておりませんので、便宜上こちらに。

いろいろと次回出演作が決まっているメンバーもいますので、順次、真夏の太陽ガールズのホームページで紹介していく予定です。

また、先行オーディション合格メンバーで1月中旬よりワークショップを実施する予定ですので、その様子も紹介していくつもりです。
3年目は冬から動き出す真夏の太陽ガールズ!
2019年も是非、応援してください。

「キラメキ2019」得する先行オーディション、12月12日締切です。

0001 (2) 
全然来なかったらどうしようと思っていた先行オーディションですが、そこそこ応募してもらえてるようでほっと胸を撫で下ろしておりますこのプロジェクトの言い出しっぺのオカモトです。

来年2019年のキラメキの先行オーディションそろそろ締め切りです!

オーディションはワークショップ形式ですので試しに受けてみる的な感じでも全然大丈夫です。割と動いてもらうので汗拭き用のタオルなど持参しておいてもらわないと帰りに風邪ひくと思いますので各自よろしくです。

応募要項はこちら⇒https://manatsunotaiyo-girls.com/audition2019/

オーディション日時・会場は下記になります。
2018年12月16日(日)昼夜、17日(月)夜 大阪市内
※【16日 昼または夜】【17日 夜】の3区分のうち
どこに来ていただくかは、ご記入の連絡先メール宛に後日ご連絡致します。

なんで今回から急に今までやってなかった先行オーディションをするかと言いますと、
下記は今年2018のオーディションお知らせ用の映像ですが


徐々にとはいえたった三ヶ月でこの映像のようなパフォーマンスを出来るようになってもらうには、それなりの肉体的な素地が必要です。これに加えてダンスもあります。

発声と体作りだけでも始めておければと思い、4月まで先行して月一回ほどのワークショップを行おうと思ってます。

また、すでに演劇を始めている応募対象の若者は4月にオーディションだと既に夏秋の公演が決まっている事も多く稽古がぶつかり挑戦出来ないということも多々あるようです。

2年やってそういう事もあるかという発見からの先行オーディション。

我々主催者側の本音も言っておきますと、どうしても夏のイベントなので冬~春にかけて話題がない、何か宣伝しようにも次の出演者が誰も決まっていない、というプロジェクトの特性上どうしても陥る事態をなんとかしたい!という思惑もあります。
そうです。
ということは、このオーディションに受かった者はもれなく、少なくとも4月までは「真夏の太陽ガールズ2019の顔!」になれるのです。

どうです?得でしょう?

12月12日まで応募お待ちしております。ただ、今からだとオーディション日時の区分は3区分のうちどこでもとはいかないと思いますのでそれはご了承下さい。

受けた方が良さげな女子を知っている方、我こそはと思う女子、よき出会いをお待ちしております。

プロフィール

オカモト國ヒコ

Author:オカモト國ヒコ
劇作家・演出家・脚本家
「テノヒラサイズの人生大車輪」(作・演出)第22回池袋演劇祭優秀賞。
FMシアター「薔薇のある家」で平成22年度文化庁芸術祭優秀賞、第48回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
「橋爪功一人芝居 おとこのはなし」第50回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
関西TV「誰も知らないJ学園」「新ミナミの帝王~裏切りの実印」
NHK-BSプレミアム「高橋留美子劇場」「猿飛三世」(5、6話)
Eテレ「昔話法廷 第2シーズン」

検索フォーム