拙作ラジオドラマ『薔薇のある家』広島で上演の巻。

 広島の方が拙作『薔薇のある家』を上演してくれるようです。

 『薔薇のある家』は元々ラジオの為に書いたほぼ一幕物の二人芝居で、その時は奈良岡朋子さんと大竹しのぶさんに演じていただけました。

古市公民館演劇事業 シアター・レトロ・マーケット

演劇企画 はらはら芝居
『薔薇のある家』

演出・出演:原島絵梨佳 原かおり
演出監修:恵南牧(PROJECT Fe)


日時:8月7日(木)20時~、9日(土)18時~(開場は開演の30分前)

場所:広島市古市公民館
(7日(木):会議室1・2 9日(土):大集会室)

主催・問合せ:(公財)広島市文化財団 広島市古市公民館  
〒731ー0123 広島市安佐南区古市三丁目24番8号  
電話:082ー877ー2677(井手)

入場無料


 内容は、といいますと

 足の骨折のブランクから早く仕事に復帰したい老女優とそれをなんだかんだで誤魔化そうとする付き人の女性が深夜リビングで延々と話すだけ…、の話です。

 だけの話、などと書くとまったく面白くなさそうですが、書いた本人としてはこれ以上言っちゃうとネタバレになるので口が裂けても言いたくないのだ…!

 というくらい(あくまで作者としてはですが)台本2ページ目から「あ、そうだったの…?」とか「あれ?この二人って実は…」というようなスリリングな仕掛けをてんこもりで盛り込んでいるつもりでして、出来れば何の情報も持たずに味わって欲しいと願っておるのです。

 とはいえ放送時や賞をいただいた時の作品紹介では、ある程度バラしておかないと何の話なんだかわからないという理由もあり、僕のこだわりの前半戦の内容は思い切り明らかにされてしまっていましたが…(笑)。


 ところでこの「古市公民館演劇事業 シアター・レトロ・マーケット」は、地域の方にもっと演劇を身近に感じてもらおうという趣旨の催しだそうです。

 身近に感じるという意味ならこの作品は、テーブルと椅子と二人の人間がいればいつでもどこでも成立してしまうお手軽さも持ちあわせています。

 今回の公演でも、七日と九日で上演する会場が違う、という普通ではあり得ない事もこの作品なら全く問題ないはずです。

 なによりあまり演劇に馴染みのない方に「ただ人間が二人ほどいてそこに工夫があれば、演劇は成立するものなのだ」と感じてもらえるなら、本作が実演されることに少しくらいは意味があるのではないかと思っています。

 手軽だ、身近だ、と書きましたが、実はおいそれと上演出来ない要素もある作品でもありまして、それは豪華な照明でも華麗な衣装でも朗々たる歌声でもなく、それはただただ役者の「年齢」です。

 演出次第かとも思いますがやはり年齢とは最高の説得力です。

 果たしてまだまだ僕の周りの役者たちではこの作品の中の千鶴子と夏子が要求している「年輪」は表現できないと思ってます。

 そういう意味で、自作ながら自分もいつかは上演してみたい挑戦してみたいと思っている作品です。

 もしお近くの方がいらっしゃいましたら、是非足を運んでみて下さい。

 ではまた。
スポンサーサイト

コメント

ありがとうございます!

広島の原です!
ブログに書いてくださってありがとうございます!嬉しいですー!興奮です!

おっしゃる通りで、まさに私たちにはまだまだ表現できない「年輪」を、
稽古を重ねるごとにひりひりと感じております。
でも、今の姿で出来る最大限の表現を、と頑張りたいと思います。
そして、5年後、10年後、またチャレンジしてみたい作品だー!と思っております。
あと12日。しっかり頑張ります!

Re: ありがとうございます!

大阪は超暑いですけど、きっと広島も暑いでしょうね。

このあいだアジが安かったんで、昼ごはんにさばいて塩焼きにして食べたんです。

で、そのままクーラーかけっぱなしで閉めきってる仕事部屋に引きこもって、

夕方くらいに部屋から出たら、すさまじい異臭がしてるんです。

なにだこれは!?と思って、

あのね、あまりにすごい匂いはすごすぎてどこから臭ってくるかわからないのですよ。

方向全部が臭いから。

で、僕もこれはきっと狐の呪いに違いないと断定する前に、

待てよと。

因果関係というあれをね、原因と結果という問題を今一度しっかり考えてみようじゃないかと。

そして導き出した結論は。。。。おそらく、あれだと。

私はダイニングキッチンに向かいました。

そこでは、ちゃんとビニール袋に入れて捨てたはずのアジの内蔵が、西日に照らされて思い切り腐敗しておりました。

受け取ったぜ、お前のダイイングメッセージ。

以前はフタのついてるごっついゴミ箱を使ってたんですけど、気軽に移動できる折りたたみ式の開けっ放しのものに買い替えてたのが敗因でしたね。

すいません、どうでもいい話書いちゃって。
どうしても誰かに聞いて欲しくて。

薔薇のある家も、同じダイニングキッチンが舞台です。

だからどうという事もないのですが、

夏に気をつけて、頑張って下さい!

非公開コメント

プロフィール

オカモト國ヒコ

Author:オカモト國ヒコ
劇作家・演出家・脚本家
「テノヒラサイズの人生大車輪」(作・演出)第22回池袋演劇祭優秀賞。
FMシアター「薔薇のある家」で平成22年度文化庁芸術祭優秀賞、第48回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
「橋爪功一人芝居 おとこのはなし」第50回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
関西TV「誰も知らないJ学園」「新ミナミの帝王~裏切りの実印」
NHK-BSプレミアム「高橋留美子劇場」「猿飛三世」(5、6話)
Eテレ「昔話法廷 第2シーズン」

検索フォーム