スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夏の太陽ガールズ2017、無事終了しました!

allmember_2017MINI.jpg
真夏の太陽ガールズ2017無事終了!たくさんのご来場ほんとにありがとうございました。

一年目の夏が、無事終了しました。

写真は右側がチームアクア、左側がチームブルー。センターが我らが水原コーチ役の春野恵子女史。プロジェクト初年度のワルキューレ達でございます。

右も左もわからぬ第一期を目撃していただいた皆様、本当に感謝しております。いつか末代の語り草になるよう頑張ります。

またご支援いただいた皆様にも、大きな感謝を。

ほんとに今年のガールズは僕が期待する以上に目一杯に努力してくれて、この企画がかなりスパルタンに女子を鍛えて演劇の未来を託そうとしている超シリアスな側面を持つプロジェクトだということが観た人全員にしっかりと伝わったと思ってます。

評判の方も上々のようでよかったです。⇒https://togetter.com/li/1136727

もし貴女が健康な15~25歳の女子なら、是非!来年待ってます。

スポ根がまったく好きじゃない僕が書いた、スポ根の向こう側の物語。

来年もやりますのでよろしくお願いします!!
スポンサーサイト

真夏の太陽ガールズ、二日目終了!ABチーム共、号泣者続出!是非、両チーム見てみて。

003-IMG_0012.jpg
ようやく昨日、チームアクア、ブルー共に皆様の前で演じることが出来ました。
両方見た人のアンケートで、同じことをただ人を変えてやってるのでなくちゃんとキャラクターの差で早替えの演出すら変えているのを指摘してくれた人がいまして。
そうなのです。
同じストーリーで同じ台詞にも関わらずこれだけ違うキャラクター達になるとは僕も予想してませんでした。特に本作のヒロインである真奈美役の印象は、静と動、熱血と冷血くらい違いますね。
まったく違う2つのキラメキになってると自負しています。
022-5DSR0083.jpg
写真はAB共出演の春野恵子演じる水原コーチの初出陣のシーン。
カッコいいですね。

惜しむらくは、真夏の太陽ガールズちゃんたちは舞台上で演じること以外はほんとに平均年齢19歳のふつーの子達なんでね。前説とカーテンコールのそこはかとなくただよう文化祭っぽい感じが微笑ましいと言うべきなのか、もうちょっとしっかりしろと言うべきなのか・・・。
まあ今回はその初々しさもまた魅力だと思うことにしましょう。
本日土曜日は3回、明日の日曜楽日は2回あります。
できれば両チームとも見てやってください。

「水面の向こうの太陽目指して飛び上がる!」真夏の太陽ガールズ、チームA初日!

IMG_8179 (2)
なんとか無事に初日を迎えました、真夏の太陽ガールズ!
まだまだ予断は許しませんがまあともかく真夏の太陽ガールズとしての記念すべき第一歩が刻まれました。
演出としては役者とスタッフの連携に磨きをかけて、少しでも熱量の高い作品に仕上げていくつもりです。
teamAQUA.jpg
さて今日9月1日はチームブルーの初日。
A=アクアとは全然イメージが違うものになってるので、A観た方にもおすすめですよ。
HEPで日曜までやってますので、是非!

ついに今週!真夏の太陽ガールズ、いよいよ開幕です。


soezimaxが宣伝映像を作ってくれました。もうこの木曜からのHEPの公演ですけども。
映像の元になってるのはチームBの通し稽古ですね。
チームBは、とても初々しい16歳の林奈央が主人公アオイを演じております。
稽古場としてお借りしているのはリサイクルショップの倉庫?なので後ろの商品が妙に気になるかもしれませんが、HEPではカッコいい照明などがビシバシに当たって超いい感じになっているはずですよ。
是非、観るべきです。待ってます!

ラジオ関西で真夏の太陽ガールズの宣伝をさせてもらいました!!

razikan.jpg
昨日22日の午前中、桂春蝶さんの「バタフライエフェクト」という番組にお邪魔させてもらいました。
目的はもちろん、写真左の春野恵子も出演しております、来週に迫った公演、真夏の太陽ガールズ「キラメキ」の告知でございます。
思いの外、時間をさいていただけまして、色々と話させてもらえました。正直緊張してたんであんまり何喋ったか覚えてないですけども。
大阪に戻って、午後からはABチーム通しをしました。

次はもう明日ですが、24日のABCラジオ「ぴたっと」内にお邪魔します。

プロフィール

オカモト國ヒコ

Author:オカモト國ヒコ
劇作家・演出家・脚本家
「テノヒラサイズの人生大車輪」(作・演出)第22回池袋演劇祭優秀賞。
FMシアター「薔薇のある家」で平成22年度文化庁芸術祭優秀賞、第48回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
「橋爪功一人芝居 おとこのはなし」第50回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
関西TV「誰も知らないJ学園」「新ミナミの帝王~裏切りの実印」
NHK-BSプレミアム「高橋留美子劇場」「猿飛三世」(5、6話)
Eテレ「昔話法廷 第2シーズン」

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。