スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょこっとラジオドラマを書きました

うっかりしてるあいだに書かせてもらったオーディオドラマシリーズがもう昨日から始まってました!!!歳をとるごとに、うっかりが致命的になってきているオカモトです。お元気ですか?

あなたがいる場所(全10回)
沢木耕太郎が描く、深い孤独の闇に光射すナイン・ストーリーズ
【NHK FM】
3月17日(月)~3月21日(金) 午後10時45分~午後11時(1-5回)
3月24日(月)~3月28日(金) 午後10時45分~午後11時(6-10回)


沢木耕太郎・原作「あなたがいる場所」より
(1)「銃を撃つ」
(2)「迷子」
(3)「虹の髪」
(4)「ピアノのある場所」
(5、6)「天使のおやつ」前・後編
(7)「音符」
(8)「白い鳩」
(9)「自分の神様」
(10)「クリスマス・プレゼント」

沢木耕太郎さんの9つの短編を、15分のラジオドラマにしようという企画です。
僕は明日19日(水)の第三回「虹の髪」と最後の28日(金)の第十回「クリスマス・プレゼント」を書いてます。

ちなみに恥を承知で告白しますと、僕は結構な歳になるまで短編小説の読み方がわかりませんでした。
そういう人、けっこういるような気がするんですが、僕だけでしょうか。ほんとに僕だけだとすると、思った以上に恥をさらすことになるのでこの文章読まなかったことにして欲しいんですけども。場を盛り上げようと思い切って尻を出したらパンツにウンコがついてたというような状況とでも言いますか。それはまた違いますか。そうですか。

読み方というか、正確には、楽しみ方、でしょうか。

長編小説なら、楽しみ方は誰だって分かりますよね。
主人公の魅力を味わい(出来れば好きになり)、
魅惑のストーリーを読み進み(出来れば予想を裏切られたりもし)、
やがて感動のラストで涙のひとつも流せば
それは完璧に「読んだ=楽しんだ」ことになります。
自分の好みとして作品が気に入らなかったとしても、
楽しみ方がわからなかったなんてことはないはずです。

しかし短編小説の場合(ホラーやSFは除きます)、
最後まで読んだのに何が書かれてたかうまく把握できない、
あらすじさえうまく説明できないというようなことがたまにあります。
主人公の魅力が一切書かれてないので全く感情移入出来ないなんてことはざらですし、
ストーリーと読んでいいのかわからないような日常描写が延々と続き、
やっと何か事件が始まったぞと思った途端、
唐突に終わっちゃうことだってよくあります。
若かりし僕はそんな短編作品を読むたび、
文字通り投げ出されたような気分になり、途方に暮れるしかありませんでした。
しかしそれが面白くないかと言えば、そういうことでもなく、
不思議と心に何かがひっかかるのです。

長編小説が読んでいく過程を楽しむものだとするなら、
短編小説は読後感を楽しむものなのではないかと最近では思ってます。

読んだあとなんとも言えない不思議な気持ちを呼び起こしてくれるもの、
(それは哀しみに近いことが多いですが)
より言葉に出来ない感情を呼び起こすものがより優れた短編である。
そういう大雑把な指針を持って読むようになってからは、
自分でもなかなか楽しんで読んでるなあと思ってるのですが、
読む態度として根本的に間違ってるかもしれません。

ともかく、今回の「あなたがいる場所」は、まさにそのタイプの9編でした。
中には比較的明るくわかりやすい話もありますが、
なんだかわからない、言葉にできない感情を呼び起こされる、不思議な小品たちです。

特に僕が担当した二篇は、ほんとになんとも言えない変な感じなんです。
なにこの気分。

ラジオドラマとして脚色は避けられないのですが、
なんとか読後感だけは近いものになるようにしたつもりです。

よかったら聞いて不思議な気持ちになってみてください。

ではまた。
スポンサーサイト

プロフィール

オカモト國ヒコ

Author:オカモト國ヒコ
劇作家・演出家・脚本家
「テノヒラサイズの人生大車輪」(作・演出)第22回池袋演劇祭優秀賞。
FMシアター「薔薇のある家」で平成22年度文化庁芸術祭優秀賞、第48回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
「橋爪功一人芝居 おとこのはなし」第50回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
関西TV「誰も知らないJ学園」「新ミナミの帝王~裏切りの実印」
NHK-BSプレミアム「高橋留美子劇場」「猿飛三世」(5、6話)
Eテレ「昔話法廷 第2シーズン」

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。