新作舞台「老人と怪物」のお知らせ

1510roukai_omt.jpg

えー、いい歳したおじさんとおばさんがきゃっきゃきゃっきゃ言いながら稽古しております、「老人と怪物」!!
ちゃんと若者も出ておりますけれども、ともかく公演のお知らせです。

13th Performance テノヒラサイズ
【タイトル】『老人と怪物』
~時空を越えて、アリスは怪物と対決する~
~二面舞台で交錯する二つの時代、二つの物語。~

【脚本・演出】オカモト國ヒコ

【出演】あだち理絵子、川添公二、木内義一、田所草子、松木賢三、湯浅崇、
上野みどり、伊藤駿九郎(KING&HEAVY)

【公演日程】
10/2(金) ~5(月)

【タイムテーブル】
10月2日(金)15時30分 / 19時30分

10月3日(土)11時00分 / 15時30分 / 19時30分

10月4日(日)11時00分 / 15時30分 / 19時00分★

10月5日(月)15時30分 / 19時00分

・受付開始は開演の40分前、開場は30分前です。

★は、撮影回(客席にカメラが入ります)


【会場】
SPACE9

大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
あべのハルカス近鉄本店ウイング館9F

Tel: 06-6622-8802 (近鉄アート館)
HP: http://kintetsuartkan.jp/


【チケット】
前売 一般 3000円 U-18(18歳以下) 1000円

当日 一般 3500円 U-18(18歳以下) 1500円

・日時指定 全席自由

【チケット発売日】
8月20日(木)20時開始
【劇団ホームページ】
http://tenohira-size.gonna.jp/



他ストーリーなど詳しくは
ここで素敵なチラシの裏面が見れます
のでよろしくです。


宣伝文句にも書いてありますが、二面舞台です!

90度とかでなく、お客さんが対面しているかたちの、

ゴリゴリの二面舞台!!

それ以外には使ってくれるなと言わんばかりの新しい劇場、SPACE9!!

『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』を意識した名称なのかどうかは劇場打ち合わせで聞いておきます。

僕は『スタートレック:ヴォイジャー』のほうが好きですけども。

久しぶりに演出するのに、二面舞台とか余計なプレッシャーをあたえないで欲しかったですが、
なんだかんだで新鮮な取り組みを楽しくやっております。

で、お芝居の内容なんですけども、

去年でしたか、かのホーキング博士がこんな発言をしました。

すごく噛み砕くとですが

「絶対すぐに人間勝てなくなっちゃうから、人工知能とか開発しないほうがいいって!まじで!!」と。

もしや・・・先生・・・・!
2001年宇宙の旅の、ターミネーターの、
「あのあれ」をご心配されているんでしょうか、ホーキング先生!!

・・・よくわかります!
あなたの宇宙物理学は正直完全には理解できませんでしたが、その話だけは!
その話だけは、とてもよくわかります!

それを心配していい時代が来た・・・・!
未来はもう今なんですね、ホーキング先生・・・・っ!

というわけでこの話にも
高性能AIを搭載した美少女アンドロイドとか出てきますが

今回は残念ながら
暴走して人類を滅ぼそうとはしません。

両手がいろんな刃物にモーフィングして次々と惨殺したり、

人口睡眠で寝ている間に生命維持装置を止めて回ったりはせず

とっても優しい笑顔の介護用として登場します。

残念ながら。

もう一つ話がありましてそれはまあチラシの裏を御覧ください。

二つの話が同時進行というと、ややこしそうですけれども

極力、そうはならないように気を配っておりますのでよろしくお願いします。

ご興味ある方は是非。
スポンサーサイト

プロフィール

オカモト國ヒコ

Author:オカモト國ヒコ
劇作家・演出家・脚本家
「テノヒラサイズの人生大車輪」(作・演出)第22回池袋演劇祭優秀賞。
FMシアター「薔薇のある家」で平成22年度文化庁芸術祭優秀賞、第48回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
「橋爪功一人芝居 おとこのはなし」第50回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
関西TV「誰も知らないJ学園」「新ミナミの帝王~裏切りの実印」
NHK-BSプレミアム「高橋留美子劇場」「猿飛三世」(5、6話)
Eテレ「昔話法廷 第2シーズン」

検索フォーム