拙作ラジオドラマがギャラクシー賞の上期入賞候補に選ばれたそうです。

雑記
11 /21 2015
dotuitare.jpg
今週連絡がありまして
僕が脚本担当の
春に放送されたラジオドラマ「手塚治虫のどついたれ~大阪大空襲」が
放送批評懇談会が選ぶ
ギャラクシー賞の上期入賞候補作8作品のうち1作に選ばれたそうです。

来年春に下期入賞候補作8作と合わせた中から
最終的な受賞作として
大賞1作、優秀賞3作、選奨4作の8作品が選ばれるそうで
(それ以外の作品は奨励賞になるそうです)

運良く入賞できたらまた放送になるかも知れませんので
その時はお知らせします。

大阪を舞台に戦後の若者たちの奮闘が描かれた原作を
漫画家になっていく若かりし手塚治虫(らしき人物)と、
戦後の瓦礫の中で浮浪児たちを守るために獣になっていく少年の
大きな時代の変化の中での、友情物語として脚色しました。

原作ではさりげなく書かれたセリフで、
今の時代にこれこそ響くのではという部分があり、
ラジオではそこがクライマックスになるように描きました。

そしてそのセリフを描いて
まだたったの半年しか経っていない今。

2015年11月13日以降、
巨匠の言葉はさらに重く
肝に銘じるべき言葉となった気がします。
スポンサーサイト