はじめに

はいはいと分かったような気になっちゃイカンとは思えども、
どんどん分かったフリくらいはしていかないと
ばんばん情報がやってきて
ぜんぜん時間が足りないという問題が発生する。

結果、分かったフリしちゃった事が二〇年分くらい溜まってしまって。
今となっては、分かった気になっただけの事柄で世界すべてが埋め尽くされているような。

これはイカンと思っても、深く考える暇はなし。
せめてこれ以上分かったような気にならない為に、
あらゆる問題をより分からなくしていこうというそんなブログです。

はじまります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:オカモト國ヒコ
劇作家・演出家・脚本家
「テノヒラサイズの人生大車輪」(作・演出)第22回池袋演劇祭優秀賞。
FMシアター「薔薇のある家」で平成22年度文化庁芸術祭優秀賞、第48回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
「橋爪功一人芝居 おとこのはなし」第50回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
関西TV「誰も知らないJ学園」「新ミナミの帝王~裏切りの実印」
NHK-BSプレミアム「高橋留美子劇場」「猿飛三世」(5、6話)
Eテレ「昔話法廷 第2シーズン」

検索フォーム