揚げ油と梅干し

DSC_0068md.jpg
お料理マメ知識。
油って梅干しを揚げるとさらさらに戻るらしい。
梅干しはアルカリ性だから酸化した油を中和するからだそうだ。

本当か・・・?

まず梅干しがアルカリ性ってよく聞くけど、実は分かったフリをしていただけの自分がいる。
酸っぱいってことは酸性じゃないの?あの酸っぱいのはクエン酸かなんかでしょう?なんで?

ちょい調べたら実はアルカリ性食品の定義は食べる時の性質じゃなくて、500度で燃やして灰になった後どっちの成分が多いかで決めてるそうな。
なんじゃその決め方。
その理屈なら酸化した油を中和するっていうのも、500度で揚げなきゃいけなくないか。
・・・そんなことはないか。

とりあえずこの豆知識、今日は試さなかった。

(ちなみにメニューはポテトフライ、鶏胸肉と軟骨のから揚げ、タジン鍋でもやしと豚ばら肉を蒸したもの)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

オカモト國ヒコ

Author:オカモト國ヒコ
劇作家・演出家・脚本家
「テノヒラサイズの人生大車輪」(作・演出)第22回池袋演劇祭優秀賞。
FMシアター「薔薇のある家」で平成22年度文化庁芸術祭優秀賞、第48回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
「橋爪功一人芝居 おとこのはなし」第50回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
関西TV「誰も知らないJ学園」「新ミナミの帝王~裏切りの実印」
NHK-BSプレミアム「高橋留美子劇場」「猿飛三世」(5、6話)
Eテレ「昔話法廷 第2シーズン」

検索フォーム