ゆけ、劇評を書く係!無名劇団をアップ。

本日は晴れですが、じめっとした季節になってきましたね。

色々やりつつABCホールでの「人生大車輪」の稽古に励んでおります。

さて、劇評を書く係として12日の日曜の回を観てきました

無名劇団「無名稿 機械」の劇評を、

應典院舞台芸術祭space×drama2016 感想ブログにアップしております!

ご興味ありましたら

こちらへ↓
無名劇団「無名稿 機械」感想(オカモト國ヒコ)

今回は劇団カメハウス、劇団冷凍うさぎ、

そしてこの無名劇団と三作品を観せてもらいましたが、

やー、最近の若者はやけに難しいことやろうとしてますね。

舞台芸術祭だったからかしら。

志が高くて頼もしい限りです。

でも、もうちょいとだけユーモアというか愛嬌というか

人間味みたいなものをキャラクターに加味してくれると

もっとずっと見やすくなるのになと全体的に思いました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:オカモト國ヒコ
劇作家・演出家・脚本家
「テノヒラサイズの人生大車輪」(作・演出)第22回池袋演劇祭優秀賞。
FMシアター「薔薇のある家」で平成22年度文化庁芸術祭優秀賞、第48回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
「橋爪功一人芝居 おとこのはなし」第50回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
関西TV「誰も知らないJ学園」「新ミナミの帝王~裏切りの実印」
NHK-BSプレミアム「高橋留美子劇場」「猿飛三世」(5、6話)
Eテレ「昔話法廷 第2シーズン」

検索フォーム