FC2ブログ

朗読劇「薔薇のある家」再度お知らせ

貼り付けたチラシが観れないようで、文字でもお知らせします。

生きる視点プラス「薔薇のある家」リーディングセッション

時間3月24日[土]17:30-18:45/アフタートーク19:15-20:00
場所は、アートエリアB1という京阪電車なにわ橋駅地下一階にあるイベント施設です。
http://artarea-b1.jp/

チケットはhttps://viewpointplus.wordpress.com/にてご予約、当日受付にて支払い
1,000円、12歳以下無料(ただし必ず保護者同伴のこと)※なお費用は公演にかかる必要経費に当てられます。

出演和泉敬子、久野麻子
演出オカモト國ヒコと<生きる視点プラス>

生きる視点プラスというのは、僕が参加している大阪大学の特別講義の名前です。学生のアイデアや考察も取り入れつつ、和泉敬子さんと久野麻子さんに稽古してもらってます。(今日もこれから授業という名の稽古です)
薔薇のある家はもともとがリビングを舞台にした二人の会話劇ですので、立ったり座ったりといった位置関係の動きは朗読でもリアルに再現出来ます。しかし、すべてをリアルにしてしまっては朗読である意味もなくなってしまい、実際にあるべきアクションや小道具のどこを省略するべきかなど、世界観の構築がなかなか面白いです。

是非観に来てください。

GPP公演「泥の子と狭い家の物語」と完全に日程が被っておりますが、こちらの公演の方が先に決まっておりましたので、当日はこちらにいます。たぶん、アフタートークにも登壇するような予定です。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

オカモト國ヒコ

Author:オカモト國ヒコ
劇作家・演出家・脚本家
「テノヒラサイズの人生大車輪」(作・演出)第22回池袋演劇祭優秀賞。
FMシアター「薔薇のある家」で平成22年度文化庁芸術祭優秀賞、第48回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
「橋爪功一人芝居 おとこのはなし」第50回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
関西TV「誰も知らないJ学園」「新ミナミの帝王~裏切りの実印」
NHK-BSプレミアム「高橋留美子劇場」「猿飛三世」(5、6話)
Eテレ「昔話法廷 第2シーズン」

検索フォーム