玄米は楽でいい

DSC_0154md
早くも一周した感のある我が家の食卓・・・。

家庭料理の見た目にそんな毎日バリエーションつかないよ!

というわけで、今日はおかずは置いといて主食に注目してみる。
写真のご飯を見てほしい。
なんだか濁った色をしている。
これは決して炊飯器に入れっぱなしで黄色くなったわけではなく、玄米だからだ。

今日は玄米をおすすめする。
玄米は楽でいい。代表的な3つの理由はこれだ。
玄米ここが便利!

1、研ぐ必要がないので手間が省けて楽。

2、チャーハンなどに加工する場合、白米に比べてべたつかず取り回しが楽。

3、基本的に固いので、炊きたてが一番などという無駄な縛りがなくなって楽。

自炊師の強い味方だ。

ただ、炊く時間が普通の白米の二倍半はかかる。
目測を誤ると、主食がないまま食事が始まり主食がないまま食事が終わる頃、ピーなんつって炊きあがる。
殺意にも似た感情が湧きあがるが、短気を起こして捨てたりしてはいけない。

どうせ冷めようがどうしようが、チンすれば炊きたてと大して変わらないのが玄米だ。
もっと大らかになればいい。
炊きたてをそのまま冷凍庫にぶち込んでしまえ。

海原雄山が家にいるというならやってはいけないが、どうせ家人は美食家でもなんでもないはずだ。
多くを求めなければ人間はどこまでも幸せでいられる。
とはいえ個人的にはもともとご飯は固めの方が好きなので、結構おいしく食べてるけどね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

オカモト國ヒコ

Author:オカモト國ヒコ
劇作家・演出家・脚本家
「テノヒラサイズの人生大車輪」(作・演出)第22回池袋演劇祭優秀賞。
FMシアター「薔薇のある家」で平成22年度文化庁芸術祭優秀賞、第48回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
「橋爪功一人芝居 おとこのはなし」第50回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
関西TV「誰も知らないJ学園」「新ミナミの帝王~裏切りの実印」
NHK-BSプレミアム「高橋留美子劇場」「猿飛三世」(5、6話)
Eテレ「昔話法廷 第2シーズン」

検索フォーム