「分厚いお好み焼き」

DSC_0312md.jpg
昨夜は、大阪人らしくお好み焼き。

マヨ絵はN画伯(3)による自画像(・・・?)。

製作途中はこのような感じなんだけど、
DSC_0309md.jpg
この分厚さが分かってもらえるだろうか?わかんないかな。
実は高さが五センチ以上ある。

新婚当初はもっと薄かったのに、だんだん僕が図に乗ってきてこうなったと嫁は言う。
確かにお好み焼きと言うと、ひっくり返せるかどうかの挑戦だと思ってる自分がいる。
つまりよりひっくり返しづらく作られている。
さらに言えば分厚いがゆえに焼きあがるのに非常に時間がかかる。
何も良いことがないかと言えば、粉が少なくキャベツが多いので、ヘルシーと言えばヘルシー。

味の特徴としては、中にゴーダチーズがいっぱい入ってる。おいしいよ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:オカモト國ヒコ
劇作家・演出家・脚本家
「テノヒラサイズの人生大車輪」(作・演出)第22回池袋演劇祭優秀賞。
FMシアター「薔薇のある家」で平成22年度文化庁芸術祭優秀賞、第48回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
「橋爪功一人芝居 おとこのはなし」第50回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
関西TV「誰も知らないJ学園」「新ミナミの帝王~裏切りの実印」
NHK-BSプレミアム「高橋留美子劇場」「猿飛三世」(5、6話)
Eテレ「昔話法廷 第2シーズン」

検索フォーム