「一生行かなそげなとこへ行こう!序文」

DSC_0387md2.jpg
 今年6月村上春樹氏はスペインでのスピーチで、福島の原発事故は『効率を第一義に求めた社会が引き起こした悲劇』だと発言した。
 思えば、僕も効率の奴隷だった。
 コストは少なくリターンは大きくが最大の正義だと考えていたし、目的地があるならそこに一秒でも速く、1メートルでも近道をして到達するのが当然の行為だと考えていた。
 しかし、それを続けて果たして自分の人生は豊かだったと言えるのだろうか・・・。


* * * * * * * * 謝 罪 * * * * * * * *

 私、オカモト國ヒコはこれまで『どこでもドア推進派』として活動していましたが、ここに謝罪いたします。

 原発がイカンように、どこでもドアもイカン!

 よって、脳内で行われていたどこでもドア開発を全面的に中止します。
 楽しみにしていた皆さん、本当にすいませんでした!

* * * * * * * * * * * * * * * * * *

 さて。
 分かりにくい冗談はさておき、にわかに散歩好きになった。
 先週、渋谷から六本木ヒルズを経て麻布を抜けて東京タワー、さらに愛宕山へ登って新橋駅まで歩いてみた。
 写真は東麻布の首都高の下あたりを歩きながら撮った東京タワー。

 さすがに何の目的もなく歩き続けるのもアレなので、ほっとくと一生行かないだろうと思われるスポットに向かう事にした。

 その名も「NHK放送博物館」。

 行く?普通?こんなとこ。
 ひょっとしたら東京の人は遠足とかで行くのかな?
 ともかく、次回(?)はそこへ行ってみたレポート。
 愛宕山ってとこの上にあるんだぜ。知ってた?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:オカモト國ヒコ
劇作家・演出家・脚本家
「テノヒラサイズの人生大車輪」(作・演出)第22回池袋演劇祭優秀賞。
FMシアター「薔薇のある家」で平成22年度文化庁芸術祭優秀賞、第48回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
「橋爪功一人芝居 おとこのはなし」第50回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
関西TV「誰も知らないJ学園」「新ミナミの帝王~裏切りの実印」
NHK-BSプレミアム「高橋留美子劇場」「猿飛三世」(5、6話)
Eテレ「昔話法廷 第2シーズン」

検索フォーム