「塩焼きそばを作って食べた」

DSC_0721web.jpg
 そうは見えないかもしれないけど、これで二人分。山盛りだ。
 基本の味は、ごま油+レモン汁+鶏ガラスープの素+塩コショウ+香りづけに醤油少々、という感じだろうか。

 塩焼きそばのいいところは、多少薄味に仕上がったとしても、意外とおいしく食べられるところだ。
 素材の味でそこそこ食べ進む事が出来る。
 どうしても薄いのが嫌なら後から塩かければ、問題ないはずだし。

 ところが、これがソース焼きそばだと難しい。
 「ソース焼きそばが薄味」という経験は、自炊で失敗しない限りはなかなかないと思うんだけど、あれはずいぶんと食べづらい。
 薄いと思って後からソースをかけても、なんか違うんだよね。一体感がでないというか。
 
 というわけで、家庭での焼きそばは塩をオススメ。
 薄味にしておけば幼児も食べられるのでとても楽だ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:オカモト國ヒコ
劇作家・演出家・脚本家
「テノヒラサイズの人生大車輪」(作・演出)第22回池袋演劇祭優秀賞。
FMシアター「薔薇のある家」で平成22年度文化庁芸術祭優秀賞、第48回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
「橋爪功一人芝居 おとこのはなし」第50回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
関西TV「誰も知らないJ学園」「新ミナミの帝王~裏切りの実印」
NHK-BSプレミアム「高橋留美子劇場」「猿飛三世」(5、6話)
Eテレ「昔話法廷 第2シーズン」

検索フォーム