「どて焼きを豆腐入りで作る」

DSC_0792web.jpg
 実はこのどて焼きの煮汁は、前の日のおでんの煮汁を再利用している。
 煮汁そのままではぜんぜんどて焼きではないので、砂糖と八丁味噌を大量に足した。
 いや~、寒さのせいか歳のせいか、最近は甘辛い八丁味噌の風味がやたらうまく感じるよ・・・。
 ちなみに『どて焼き』とは関西の呼び名で、名古屋辺りでは『どて煮』というらしい。なので八丁味噌を使ったこれは『どて煮』と呼ぶのが正しいかも知れない。
 ともかく、幼児もいる家庭なのでそこそこ薄味仕上げ。
 加えて、絹豆腐をレンジでチンしてちょっぴり水切りをしたものを完成間際に入れて一緒に温めてある。
 味付き湯豆腐的な感じだが幼児用にと思ったわりに、この豆腐は大人の僕もとてもうまいと思った。
 どて焼きは味が濃いので単調になりやすいけど、豆腐が入ることでなんかいい感じのアクセントとなっている。
 家で作る時は、是非、オススメ。
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:オカモト國ヒコ
劇作家・演出家・脚本家
「テノヒラサイズの人生大車輪」(作・演出)第22回池袋演劇祭優秀賞。
FMシアター「薔薇のある家」で平成22年度文化庁芸術祭優秀賞、第48回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
「橋爪功一人芝居 おとこのはなし」第50回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
関西TV「誰も知らないJ学園」「新ミナミの帝王~裏切りの実印」
NHK-BSプレミアム「高橋留美子劇場」「猿飛三世」(5、6話)
Eテレ「昔話法廷 第2シーズン」

検索フォーム