来週月曜から連続ラジオドラマ「泥の子と狭い家の物語」

去年の九月に上演した舞台「泥の子と狭い家の物語」が連続ラジオドラマになりました。
doronoko.jpg
青春アドベンチャー
「泥の子と狭い家の物語 ~魔女と私の七〇日間戦争~」(全10回)

NHK-FM(全国放送)NHKネットラジオらじる★らじる同時配信

【放送日】
4月1日(月)~4月5日(金) 22:45~23:00(1-5回)
4月8日(月)~4月12日(金) 22:45~23:00(6-10回)
作:オカモト國ヒコ
演出:小見山佳典

出演:岸田茜 日下由美 粟野史浩 谷川清美
占部房子 木下政治 湯浅崇 草村礼子
渡辺樹里 本城雄太郎 白玉さゆり 富岡英里子
土師亜文


青春アドベンチャーは原作物が多く作られる枠ですが、今回は完全オリジナルでやらせてもらえました。

簡単に言うと、16歳の女の子の家に占い師がやってきてお母さんが騙されどんどん家が乗っ取られてしまう、というお話です。
そこに青春やらホラーやら家族愛やらオカルトやら冒険アクションやらを練り込んで、
一見平和に見える現代日本の風景の中「母を取り戻す為、悪い魔女と戦う少女」というファンタジー活劇を出来るだけ貧乏くさくかつ切実に描いたつもりです。

十回毎日聴くのは難しいかも知れませんが、是非、主人公の小豆ちゃんと共に泥にまみれてください。
泥から這い出す頃には、なにかしらおみやげを持って帰ってもらえるはずだと確信しております。
スポンサーサイト

コメント

No title

初めまして。放送を聴きはじめて、耳が離せません。
失礼ながらオカモトさんのお名前も、上演された演劇も
存じ上げませんでした。

いま、ハラハラドキドキと明日の放送を待っています。

楽しみにしています!

どうもです。

ハラハラドキドキはほんと目指してたところなんで、楽しんでもらえてるみたいで嬉しいです。

ちょっと怖い展開のお話ですけど、最後までよろしくお願いします。

ちなみに明日あさっては第一週目のクライマックスなんで、今まで以上にハラハラすると思います。

いや、ゾクゾク、すると思います。

後半が楽しみです。

青春アドベンチャーは毎日聴いています。
オカモト國ヒコさんのお名前は何度か耳にしていました。
今調べたら「プリンセストヨトミ」と「僕たちの戦争」は拝聴しています。「僕たちの戦争」はとてもよかったので原作も読みました。いつも思うことですが、一冊の本を150分にまとめる技術、毎度15分で盛り上がり明日につなげる技術には感心します。
さて本作、オリジナルというか舞台でされたんですね。
前半一週間が終わりました。
最初は「最近の社会問題や事件を題材にした重い話だなぁ」と惰性で聴いていましたが、次々と浸食されていく様子が聴いていてとてもつらいです。もう崩壊寸前、物語の伏線と準備はすべて整いました。後半の反撃をどのように描いて下さるのかがとても楽しみです。後半を聴かなければ、ただつらいだけの理不尽な不幸物語です。
現在のたっくんは姿が見えないので、まだ感情移入しきれませんがきっとキーマンなんでしょうね。ひきこもった理由がもう少し詳しく描かれていると入り込めたと思うのですが、来週頭で描かれるのかな。
BGMのオーボエが切なくていいですね。音源は入手できるのでしょうか。山下康介さんに聴くことですね。すみません。

書き忘れてました

「橋爪功ひとり芝居 おとこのはなし」も拝聴しました。
家族(母親)と男の一生が切なかったです。誰しも大なり小なり悔いを残しつつ最期を迎える訳で。。。。。人生の後半について考えさせられました。
これからも深い作品を期待しています。
非公開コメント

プロフィール

Author:オカモト國ヒコ
劇作家・演出家・脚本家
「テノヒラサイズの人生大車輪」(作・演出)第22回池袋演劇祭優秀賞。
FMシアター「薔薇のある家」で平成22年度文化庁芸術祭優秀賞、第48回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
「橋爪功一人芝居 おとこのはなし」第50回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞。
関西TV「誰も知らないJ学園」「新ミナミの帝王~裏切りの実印」
NHK-BSプレミアム「高橋留美子劇場」「猿飛三世」(5、6話)
Eテレ「昔話法廷 第2シーズン」

検索フォーム