誰にも頼まれていないが2016年映画ベスト3発表!!と思ったけども。

未分類
12 /30 2016
 年末なので、2016年に見た映画ベストなどご紹介をしようかと思ったんですが、そんなもん今年は「この世界の片隅に」「シンゴジラ」「何者」「アイアムアヒーロー」「デッドプール」「オデッセイ」あたりをずらっと並べるしかないじゃないですか。
 ほんとに当たり年でしたね。特に日本映画が。

 というわけで、せめて上記とは違う作品を紹介しようと思い、誰にも頼まれていないのに僕の「今年DVDで見たベスト作品3」をあなたにだけお知らせすることにします。

 劇場で見たのも入ってますが、ちゃんとDVDで見返したのでOKです!!

 では、まず1位から!

1位「マジカルガール」
mazikaru.jpg

 男を狂わせる魔性の女=ファムファタール同士が出会ったら、どうなるか?
 答えは「お互い死ぬまで削り合うしかない」!!
 アニメ『まどか☆マギカ』から影響を受けたという監督が(⇒インタビュー記事)、直接描写は一切ないのに超不吉&ダークネスなムードで描ききる、魔法少女同士の血で血を洗う戦い!!
 すごすぎて、3日くらい何も手につかなかったです。
 リアリティーラインがしっかり守られているのに「貞子vs伽椰子」よりこっちのがものすごい魔界でした。最高。


 続いての作品は・・・

2位「イットフォローズ」
itfollows.jpg

 「It follows =ついてくる」というタイトルだと思うんですけど、まさに、ゆーっくり歩いてついてくるのは「死そのもの」としか言いようがない。
 「当然~になる」っていう熟語も確かIt folows ~だったと思うのでそっちのニュアンスもあるのかも知れませんが、まさにそれに感染っちゃったらもう「当然そうなる」しかないのです。
 すごくいいアイデアだと思ったのは、その追いかけられる人間にしか見えない『ついてくるもの』が一定の形ではなく、時と場合と見る人によって何に見えるかどんどん変わっていくところ。
 何に見えているかによって、各キャラクターの背景が一瞬想像できたりしてそこも面白かったです。
 すごく怖いけど陰湿な怖さじゃないし、不条理なのに「や、実際生きているって煎じ詰めればこういうことだよな~・・・」という納得の不条理さ(?)も感じることの出来る、哲学的な側面もある作品。
 ともかく2016年に観たホラー映画の中でダントツでした。


 で、上位2位が不気味なのが続いたので、最後はほっこり系です。

3位「神様メール」
kamisama.jpg

 ほんとのタイトルは「新・新約聖書」というそうで。
 キリストの妹が酔っぱらいの暴力父親(神様)のもとから逃げ出す為に、全人類の携帯に自分の命日を知らせるメールを自動送信し「死ぬ日を教えちゃったらこれから人類を陰湿にいたぶって遊べなくなるじゃねーか!!」というどうしようもない理由で怒り狂った父を尻目に中古のドラム型洗濯機からえんえんと続く排水パイプを通って現世のコインランドリーに逃げてくるという、既にもうどうかしちゃってる冒頭から、突っ込み無用の素晴らしいグルーブをかもしだしているとてもいい映画です。
 一番笑ったのが、命日が60年後だと知ったユーチューバーの「自殺してみたのだが動画」の底が抜けたエスカレートぶり。こういうアホなギャグにいっぱいお金かけれるって素晴らしい事です。オチも含めとてもいいです。
 本筋は、かわいい妹ちゃんが兄キリストにならって13人の使徒を見つけ出して彼らの人生の話を聞き(それを書き留めていくとタイトルの『新・新約聖書』の完成となる)全部聞き終わった時、奇跡が起こるというのだが・・・という、ボーイミーツガールあり、大人の恋あり、ゴリラと中年美女の恋ありと、見どころ満載なストーリー。
 僕ら日本人にとってはキリストに妹がいたり神が飲んだくれのDVおやじだったりというのも、面白い設定の一つとしてあまり気にせず楽しめてますが、西欧の感覚ではほんとのとこどうなんでしょうね。

 で、今気づいたんですが、冒頭のマジカルガールも主役の女の子が白血病で余命いくばくもなしということを考えれば、この3本は「死」を目前にした者たちのドラマですね。
 
 なんと期せずしての、メメント・モリ。

 しかしね、こういう不気味だったり怖かったりどうかしちゃってたりといった、一見健康に悪そうな異物こそがきっと僕らの肉体と精神に活力を与えてくれるはずなんです。

 お正月に是非借りて観てね!

今年最後の舞台作品「戦闘改造学園Z」無事終了!!(伝聞ですけど!!)

未分類
12 /07 2016
5040610070171-500x707.jpg
この4日、僕が台本を書き下ろした「戦闘改造学園Z」公演が終了しました!

なんとか観に行きたかったのですが、都合つかず・・・!
演出の安田桃太郎くんのメールによる伝聞では、お客さんにも好評いただけたようでほっと胸をなでおろしております。

僕がまるで呼吸をするかのようなライトな感覚で「と言いつつ戦う」とか「その瞬間、爆発しふっとぶ」とか無茶なト書きをいっぱい書き込んだせいで、大変なアクションを8ステージぶんも要求されてしまった演者の皆さんには本当に心からのお疲れ様を言いたいです。

実は僕は今、年が明けるまで毎日毎日台本を書き続けなければならない囚人のような生活を強いられていまして、観たお客さんや演者らの明るく温かい楽しげな感想ツイートなどをあさってはその眩しさに「シャバっていいな・・・」と涙ぐむ毎日です。月曜からずっと。
そんな中、なんとあの坂本浩一監督が観に来てたというツイートを発見。

「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」以来、ずっとファンなのでなにか勇気をもらった気になりました。例えるなら同監督の「仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ」でのクライマックス、風都に住む人々の祈りが風を呼び風車が回りライダーが復活するあのシーンのように・・・!!

では作業に戻ります。

「泥の子と狭い家の物語・浅草版」の速報です。

未分類
12 /01 2016
doronoko-sokuhou.jpgdoronoko-sokuhou1.jpg
フェイスブックでこぐれさんがアップされてる泥の子の速報チラシです。
もとの画像だと入りきらなかったのでとりあえずサムネイルですが、また今度、ちょうどいい大きさにしたの貼っておきますね。

それにしても豪華なキャストで恐縮です。
今回お父さん役をやってくださる酒井敏也さんは「演劇をやりたい!」という僕の初期衝動に火をつけたつかさんの『熱海殺人事件ザ・ロンゲスト・スプリング長すぎた春』で犯人・大山金太郎役をやってらしたのです。
あれは今は亡き近鉄小劇場・・・僕はまだ17歳でした。
風と共に去りぬのタラのテーマにのって、客席後方からスポットライトを浴び登場するオレンジのツナギ姿の酒井さんを今も覚えています。

劇場から興奮して出て来る僕に「おい、あの犯人の人、いつかお前の書いた芝居に出てくれることになるぞ」って言ってやりたいものですね。

ご興味ある方は、是非、浅草まで。

オカモト國ヒコ2017年前半の演劇予定!!

未分類
11 /30 2016
来年前半の僕の関わる演劇公演の予定がおおむね決まりましたのでお知らせ!

さあ鬼よ、笑うがいい。

細かい日程など、正式な情報公開をお待ち下さい。

2017年3月
「泥の子と狭い家の物語」
浅草木馬亭にて


劇団☆新感線のこぐれ修さんが演出・プロデュースでやってくれます。
これは2012年に書いた台本ですが、今回は単純な再演ではなく、実はこの作品は舞台版とラジオドラマ版の二種類の物語がありまして、舞台版が大阪、ラジオ版がスカイツリー周辺の下町、つまり浅草近辺を舞台にしています。二つは登場人物や展開などもけっこう違うので、うまくいいとこどりで混ぜ合わせたリミックス版として再構成しています。

ちなみにタイトルで検索すると、ネットのどこかでラジオ版が聞けるようです(ほんとはいけないことです)。ご興味あればまあ聞いてもいいですが、前半、毒電波かというくらい超怖いので自己責任で(笑)

また詳しいことが分かり次第、続報お届けします。

3月31日~4月2日
テノヒラサイズ新作公演「タイトル未定」
HEPホールにて

作・演出とも僕です。
いま構想中なのであまり何も言えないのですが、純粋な新作という意味での次回作はこれになります。
今までのテノヒラサイズをぶっ壊すようなザ・ネクスト定番を目指しております。

4月7日(?)~4月9日
Z-SYSTEM公演「キラメキ」
神戸三宮シアター・エートーにて


日程を見てください!
つまり、奇しくも2週連続で僕の作品が上演されることに。
まさに國ヒコちゃん祭り! つまりヒコにゃん祭りですよ!!
なんかコラボ企画なんか出来たらいいなと思ってます。
ともかく、今年の4月に書きおろしたシンクロナイズドスイミング演劇「キラメキ」が早くも再演です。さらにありがたいことに演出は4月に引き続いて、中川浩三!!
浩三さんの演出力と出演女子達の全力のパフォーマンスによって、書いた本人である僕が客席で号泣した作品。すごい良かったです。↓その証拠です。

通し稽古をみた感想
http://okaq215.blog.fc2.com/blog-entry-141.html
本番を観た人から伝聞できいた感想
http://okaq215.blog.fc2.com/blog-entry-142.html
実際に観に行った感想
http://okaq215.blog.fc2.com/blog-entry-143.html

そうそう、三宮に出来る新劇場のプレビュー公演だそうですよ。

6月末
ARプロデュース「テノヒラサイズの人生大車輪」
ABCホールにて

好評だった落語家さんなど交えての異業種キャストでの代表作「人生大車輪」の上演が再びです。
次も僕が演出する予定です。
キャストも桂吉弥さん、笑福亭銀瓶さん、春野恵子さんといった前回のメンバーに加えてなにかプラスアルファがあるみたいですので、これもまた詳細分かり次第、続報お届けしますね。

前半は以上です。

まあ予定は未定ということですので、日程演目の変更など普通にあるものだと思っていただければ幸いです。

今年に引き続き、2017年もどうやら僕の考えた馬鹿なことを皆さんに観てもらえることが出来そうで、スタッフ・キャストに感謝感謝です。

先週「この世界の片隅に」を観ました!

未分類
11 /28 2016
konoseka.jpg
原作未読だったので、今はアマゾンから送られてくるのをじっと待ってます。

映画の感想はひとこと

「もっと大画面で観たい!」

僕が観たのはシネ・リーブル梅田というミニシアターだったんですが、映画体験としては充分なスクリーンの広さだったとは思います。でも!映画の途中から主人公のすずさんのことがマジほっとけなくなってしまった僕としてはもっともっと近くで観たい!映画と一体になりたい!とか変な感じになってしまって。いまのところ小さな映画館でしかやってないようですが、アイマックスとは言わないまでも、一回くらい「君の名は」やってたTOHOの一番でっかいスクリーンとかで上演してくれれば絶対行きますね。

それくらい良かったです。予告編から感じた古臭さや説教臭さはまったくない。ピクサーよりも超とんがった新しい表現に取り組んでいる最先端のアニメーション映画でした。

映画が終わってラストのエンドロールを眺めてる時に「あ、もしかしてあれってこういう意味だったのかな」とか「ということはもしあれがああじゃなかった場合が・・・」などと内容を反芻している時が一番の号泣ポイントという珍しい体験。これはきっと、想像の余地があるというか、想像を要求されるというか、緻密なのと同時にとても風通しがいい作品だという証拠だと思います。

色んな方が応援している映画なので、僕なんかがもはや言うことはないのですが、

今、もしもドラえもんがタイムマシンに乗って僕の前に現れたとしましょう。

いいから聞いてください。

僕はそのタイムマシンをですよ、中年になった今も夜中に夢に見ては飛び起きてしまう小学校時代のあの恐ろしい悪戯の顛末や、中学時代、中二病患者であった自分が引き起こした死ぬしかないほどの恥ずかしい失態の数々の回避には使いません。

僕はドラえもんにこう言います。

「よしドラえもん、今から昭和20年の呉に連れていってくれ。そこにある一人の女性がいる。俺はその人を、すずさんを助けねばならんのだ・・・!」と。

それぐらい、声をやっているのんさんの演技も素晴らしいし、ともかく動きの一つ一つが魅力的でかわいいし、もうね「すずさん」が本当にはいなかったなんてそんなことは誰にも言わせない。
監督にだって、原作者にだって言わせない。
すずさんはいたんだよ!

ともかく、音響効果、アニメーションの技法、演技の緻密さ、取材による情報量、その全部を総動員して一人の人物をある厚みを含めて魅力的に描ききってしまってて、映画を見たというより、すずさんという人に会ったというか、彼女の人生に少しだけ寄り添わさせてもらった気すらします。
ストーリーがどうだとかそういったことじゃない、今後作られる映像作品のある一つの定番・王道を見せつけられた気になりました。